中学生・高校生にくらいになると増加する家出。

 

家出とは、本来の意味は、自立をめざし、精神的に社会的にも独立できるよう
自分探しをするためにするもの、と言われています。

 

現在、多くの子がしているのは「プチ家出」と言われています。

 

原因はいろいろですが、
家にいられない、家にいると圧力を感じるため、それから逃げるためという理由や、
一時的に欲しいものが家の外にあるためそれをもとめる、という場合もあるようだ。

 

外に出た女の子が使うのが、LINE IDを交換する目的の神待ち掲示板である。

 

そして、神待ちということばも多く認知されるようになった今、
神待ち掲示板では男性も書き込みを検索し、10代の子と出会えないかと探すようになっている。

 

若い子と出会うなら、神待ち掲示板、という認識のされ方である。

 

しかし、利用する際に気を付けて頂きたいことはある。

 

悪質な出会い系サイトでも多くみられていたが、
LINE IDを交換する目的の神待ち掲示板にも業者がいるということである。

 

LINE IDを交換のための神待ち掲示板は、個人運営のため、管理がずさんなところが目立つ。
18歳未満と知り合って、エッチをした事実が明るみになれば、児童買春の疑いで逮捕される事がある。
その事実がなくとも、児童買春で取り調べを受けるとどうなるだろう?

 

神待ち掲示板にLINE IDを書き込んだだけでそのIDが無効にされるというのはご存じでしょうか?

 

業者しかいない掲示板もあり、
デリ嬢を派遣するだけで、本当の神待ち少女とは会えるわけもなく、
何回もやってるうちに時間がどんどんなくなっていくということもありうるのである。

 

さらにそれほどたくさんメールでアピールしても、
相手が業者だった場合、デリ嬢を派遣してくるだけなのである。

 

業者かどうか、すぐ判断するのは難しい。
本当に神を探している子が紛れているかもしれないが、
プロフィールなどの一見した情報ではもちろんわからない。

 

業者も巧妙に隠しているのである。

 

何回かメールをして、脈がないと気付いたら、
早々手をひくのが良いだろう。